長崎けやき医院は、在宅療養支援診療所です。

home > 医院について > スタッフ募集

スタッフ募集

募集要項

長崎けやき医院 地域のかかりつけ医院として、在宅生活を医療・介護のきめ細やかなサービス提供により支援します。外来診療、訪問診療、入院診療、介護サービスの提供、相談、他の医療・介護施設との連携などの幅広い分野でさまざまな医療・介護スタッフが医院内外で活躍しています。

ハローワークの募集要項に詳しい条件等の記載がありますので、そちらよりお問い合わせください。

募集するスタッフ

資格など

  • 介護職:ヘルパー(1、2級)
  •      介護福祉士、社会福祉士、ケアマネージャー
  • 医療職:看護師、理学療法士、作業療法士
  • その他:事務職、看護助手、リハビリ助手、運転手(デイケア)

資格取得について

  • 現在、資格取得のための学校に通学中、または通学を希望される方は、就職しながらの通学について相談に応じています。また、介護職については経験年数で受験資格を持つことができるものがあります。各種資格取得について応援しています。看護学校に通いながらの勤務についても御相談ください。

 

けやき医院の魅力

1.小規模ならではの密なチーム医療

 当医院は外来診療、入院、通所リハビリテーションなどの施設があり、院長である医師をはじめ、看護師、理学療法士、ケアマネジャー、介護福祉士、社会福祉士、ヘルパー、管理栄養士、調理師、看護助手、リハビリ助手、受付事務、ドライバー、調理スタッフなど小規模ながらもさまざまな職種が連携して働いています。職員数は20数名程で、違う職種のスタッフ同士でも気軽に声をかけ合ったり、それぞれのスタッフが医院全体を把握しながら仕事をしています。                                                                                                                                 そのため、他職種の業務にも関わりを持つことができ、他職種の業務も学ぶことができます。自分の所属する部署だけでなく医院全体を把握できたり、密なコミュニケーションがとれることで、よりよい仕事ができます。

 

2.地域に根差した切れ目のない医療やケア

当院は、特に地域の方々の健診・在宅ケアに力を入れています。常に自宅(在宅)を想定しリハビリを進めたり、在宅に戻るには?在宅でのQOLは?など多角的にチームでアプローチします。また、退院後も同じ医院でデイケアに通いながら経過を診ることで、切れ目のない対応を実施しています。

 

3.チャレンジするスタッフの応援

当院では、スタッフが専門職として、社会人として成長することを応援します!

★自ら学ぶ環境の提供

抄読会を行い、各々の専門分野で多職種にも知ってほしいことや学びを深めたいことを取り上げて、知識をアップデートしています。地域の病院や施設との多職種合同の研修会に参加し、他施設との連携を強化するとともに専門職として学ぶ機会を作っています。

 

★当院のスタッフが感じた成長

専門職としての成長:

・他職種の仕事内容について勉強でき、知識が増える。

・患者さんの生活、精神、心理面全体を考えられ、広い視野を持つ事ができるようになる。

・勉強会や講習会などを行い、個人の能力を高めることができる

社会人としての成長:

・自主的に学び、主体的に行動する力をつけられる。

・目標に向かって仕事をする力が身につく。

・考える力が身に付く。

・気配りができるようになる。精神面が強くなれる。

・今まで気付かなかったことが気付くようになり、常に成長できる。

・ラジオ体操や掃除を毎朝することで、当医院がとても大事に思えるようになった。

・専門職としてだけでなく人として大切なこと(あいさつ、そうじなど)が身に付く。

・社会人として自分自身で内省し、人間として成長できる。

 

 

けやき医院で働くスタッフの紹介

山下祥子:社会福祉士、介護支援専門員(管理者)

 

自宅や地域で暮らす幸せを手伝うことがやりがい

患者さんの入院・通所利用・退院後の生活支援について他施設との調整や、医療・介護・福祉に関する相談業務を行っています。在宅支援を通じて、患者さんが自宅で家族と暮らしたり、地域で暮らすことのお手伝いができることがやりがいであり、私の喜びです。地域での連携の調整がうまくいき、患者さんを支える体制が整い、患者さんに喜んでいただけたときは、「本当にやっていてよかった!」と感じます。

患者さんの人権を守りたい

社会福祉士の役割は、人がもともと持っている健やかに生きる権利を擁護し、自分の居場所を持ちながら安心して暮らせることを、制度や、ご本人の持つ強みとなる能力・環境・人間関係・地域の活用できる資源など様々なストレングスを活用して支援することであると考えます。病気や障害のため、または虐待などで権利を侵害されているために不安に生きている人の支えになりたい、一人の大事な人として生きていってほしいと思います。そのためには、権利を侵害しているもの、ひと、環境に働きかけ、時には戦う力も必要だと思います。

一例一例に真摯に向き合う

一事例ごとに真摯に向き合うことで、人間理解や様々な制度の理解を深めながら、多様な事例に対応できるケアマネジャーとしての実力をつけていきたいです。
また、医院スタッフが個人の実力を発揮しながら働きやすい環境を作っていきたいです。

 

 

  •   スタッフの声

▲ページのトップに戻る