長崎けやき医院は、在宅療養支援診療所です。

home > 医院について > ブログ

枕カバーできました!!(^O^)/

デイケアの利用者の皆さんが作られた枕カバーが完成し、まくら

リハビリ室で使用しております。

その中の一部を現在、外来ロビーに展示しております。図2

1、布を買いに行く

2、作る(縫う)

3、使う

という流れで、皆さんご自分で作られたカラフルな枕カバーを使って

今日も楽しくリハビリをしています。図1

長崎けやき医院に来られた際は、外来ロビー展示やリハビリ室をどうぞご覧ください★

✿✿敬老会のお知らせ  2014年9月20日(土)✿✿

敬老会9月15日は敬老の日です。

地域や病院、介護サービス事業所などでは、

それぞれ敬老の日にちなんだお祝い会をするところも

多いと思います。

けやき医院でも9月20日(土)(午後)に「敬老会」を催します。

皆さんの長寿と健康をお祝いする会ですが、

今年はただ見て楽しむだけではなく、参加して楽しんでいただきたいと

思いスタッフで計画を練っております。

敬老会のテーマは「めざせ!!健康長寿 ~今、リハビリの成果を見せるとき!~」です。

ちょっと興味のある方は、よかったら遊びに来てください!!

夏祭りのご案内㉀ヽ(^。^)ノ

長崎けやき医院デイケアセンターで夏祭りを開催します。

タイトル:けやき夏祭り(かんなの花祭り)

日時:2014年7月26日(土曜日) 13:00から

場所:長崎けやき医院3階デイケア室

b0180s 祭り1 祭り2

 

 

 

 

踊りや演奏、縁日でのヨーヨー釣り、スイカ割り、かき氷、たこ焼きなど

あります。みなさんぜひ、遊びにいらしてください!!

※参加は自由です。1階で受付をしていただければご案内いたします。

お問い合わせ:095-840-5111

デイケアのご案内(^^)/

 

最近のデイケアでの活動をご紹介します!

皆さん楽しく生き生きと生活するためのリハビリテーションをがんばっています。

興味のある方はぜひご連絡ください!(^^)!

5月3日

デイケア利生者さんで時津のくら寿司(回転寿司)へ行ってきました。

参加人数は10名で美味しいお寿司を満喫してきました。

普段より皆さんよく食べられてました。外食はやっぱり楽しいし、

みんなで食べるとおいしいですね。

すしイラスト

 

 

 

5月5日

利用者さん・入院患者さん・職員の皆でホットケーキを作りました。

トッピングはフルーツとチョコレートを使いました。チョコレートを砕いたり、

トッピングしたり、分担して作りました。

やっぱり自分で作ったおやつやおいしかったです。

おやつ

 

 

 

 

 

6月5日

長崎県美術館に「生きがい作品展」を鑑賞に行ってきました。

利用者さんの作った今年の干支の作品の「馬の親子」の作品も展示されていました。

他の施設の作品もたくさん展示されており、色んな作品を見ることができて

楽しかったです。また今年も作品をたくさん作っていきます。

美術館

 

 

午作品

 

 

 

 

6月9日

お買いものに行ってきました。

普段、なかなかお店まで買い物に行けない車いすの方も参加されました。

布を買ってきて、リハビリ室の枕カバーも作る予定です。

リハビリ室の枕がカラフルになる予定です。

よかったら、けやき医院に来たついでにリハビリ室をご覧ください(^^)/

お買いもの

 

 

 

 

 

1日利用、半日利用、体験利用受付中です。

ご希望の方・お問い合わせは下の連絡先までお願いいたします(^o^)/

電話)095-840-5111  長崎けやき医院デイケアセンター

 

高齢者肺炎球菌予防接種の公費助成についてご存知ですか?

 

対象者・・・①~③すべてあてはまる方

①長与町内に住所を有すること注射イラスト

②予防接種日に75歳以上

③過去5年間肺炎球菌の予防接種を

受けたことがない

助成額・・・3,000円

自己負担金額  (4500円)  = 「予防接種料(当医院では7500円)」  -  「3000円(公費負担額)」

※自己負担金額は医療機関によって異なります。生活保護受給者の方は自己負担が免除されます。

 

詳しくは受付スタッフまで

看護・介護スタッフ募集!!通所リハビリテーションと 病棟の看護・介護スタッフを募集しております。

介護スタッフは介護福祉士・ヘルパーの資格のある方を募集します。 

通所リハビリテーションでは、送迎、健康チェック、入浴、昼食、

レクリエーション、リハビリテーションなどを通して、在宅で少しでも

長く過ごしていただけるように、身体機能の維持・向上を目指します。

ケアマネージャーやご家族、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・

管理栄養士・歯科医師など院内・院外問わず多職種と連携し、チームで利用者様に

よりよい対応をすることを目指しています。     介護の経験が無くても、

事前にヘルパーの講習に行って頂く必要はありますが、 入職されてから学び・経験を

積んでいただくことも可能です。     経験者はもちろん歓迎いたします。

 

看護スタッフは通所リハビリテーションと病棟の看護業務について、

看護師・准看護師の募集を行っております。一度、看護の現場を離れてから

復帰をしようと思われておられる方などや、維持・慢性期のリハビリテーションに

興味のある方などもぜひご連絡下さい。子育て中の方も勤務形態について相談に応じます。

患者さまや利用者さまをリハビリテーションを通して地域での暮らしを支える、

「長崎けやき医院」で一緒に働いてみませんか?

ご質問・ご連絡は以下の連絡先・担当者までお願い致します。

 

担当)山下  

連絡先)095-840-5111

謹賀新年

(チーム医療について)

年々医療機関の機能分化と役割分担、連携が進んでいます。

医療と介護の間のコミュニケーションと情報共有による連携も重要です。

在宅での医療や介護のケアの充実・強化も連携で得られます。

その上で、本人と家族を中心にケアの担当者が協働し、

チームとして医療と介護をすることが求められています。

有床診療所の当院も職員が本人・家族と外部のケア担当者の方と一緒に

チームでカンファランスをし、当院への入院・デイケア通所も含めて

在宅支援の方策を講じています。受付でどうぞご相談下さい。

一方、当院は、早期発見、早期治療のための検診に力を入れており、

治療も含めて重篤化の予防に努めております。外来をよろしくご利用下さい。

皆様の新年のご多幸を心よりお祈り申し上げます。

2013年 1月

理学療法士募集

入院、外来、デイケアの方々の維持期・慢性期のリハビリテーションをしっかり行い、

その方々が在宅生活を送ることができるように支援する役割を、

チームの一員として担っていただける方を募集しております。

院内の医師・看護師・介護士・社会福祉士・管理栄養士・調理師など各職種と連携し、

家族やケアマネージャーもカンファランスに参加し、一体となり患者さんを支えていきます。

ご質問・お問い合わせ・ご連絡は以下の連絡先にお願いします。

電話)095-840-5111

担当)山下

<リハビリ室風景>

健康診断のご案内

当医院では健康診断を例年以上に力を入れて実施しています。

早期発見、早期治療、生活習慣改善のために、早めに健診を受けて

安心した生活をしましょう。

★被爆者検診

被爆者手帳での基本検診・がん検診です。

★長与町がん検診

長与町在住者の肺がん・胃がん・大腸がん・乳がんの検診です。

★特定健診(メタボ検診)

自治体や会社から送付される受診券を使用し、

生活習慣の予防に役立てます。

★協会けんぽ検診

会社勤めの方と、そのご家族が協会からの案内で受けられます。


検診希望の方は、下記の番号にお気軽にお尋ね下さい。

℡  095-840-5111

※被爆者の方は、特定健診、がん検診も一緒に8~9月中の検査をお勧めします。

長与町がん検診は11月中までです。

特定健診は通年で受けられますが、12月中までに受けられることをお勧めします。

(検診期間終了月には予約が混み合うため)

メイクアップボランティア活動報告(ディケアにて)

春もあと少し、桜の花開くのも近づいてきました。

当医院のディケアでは、毎年お花見を予定して、

桜見物に出かけます。

今年も皆さん楽しみにしておられます。

★先日、2012年3月12日にディケアでは、

お化粧のボランティア活動が行われました。

ディケアの利用者さんや、入院患者さんへ、ボランティアの方(4名)がお化粧をして下さいました。

普段、なかなかお化粧をされない方もお化粧をしてもらい、美しく変身していました。

最初は恥ずかしがっていた人も化粧が始まると積極的に参加され、

ボランティアの皆さんの声かけと笑みで嬉しい楽しいひとときを過ごしました。

60代の入院患者女性は入院中化粧ができないので

お化粧でよみがえったと大変喜んでおられました。

機会があれば今後も続けてほしいと話されていました。

男性職員も眉毛をそろえてもらい眉書きをして変身しましたが、

患者・職員に気付かれずに本人は残念がっていました。

カメラで撮影していると素顔からお化粧で変わる時、

表情は穏やかになり笑みがこぼれる変化を写真に撮りました。

お化粧を通じて心のリハリビ効果に大きな力になり入院患者もディケア利用者も

生き生きと変化する自分の顔を見ながら蔓延の笑みを浮かべ至福の時間を過ごしました。

患者さんからメイクアップボランティアの定例化の声が多くよせられました。

四名のボランティアの皆さんにはお忙しい中、夢と元気を与えていただき

紙面をかりまして厚くお礼の言葉にかえさせていただきます。

ありがとうございました・・・・お疲れ様でした!

次回のメイクアップボランティア教室を患者はじめスタッフ全員心待ちにしています。

▲ページのトップに戻る